逢人青春記

アクセスカウンタ

zoom RSS さらば、過信。

<<   作成日時 : 2010/08/28 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

ここ何日か、雨季ってます。

台風が東南アジアに来てるみたいで、そのせいもあって、
今日は、昨日の夜からずーーーっと雨。
家の前の道路もぐちゃぐちゃで、
外に出る気もうせ、 朝からずーーーっと DVD見てました。
しかも、
鋼の錬金術師。

ここ数日で、
51話やったけな(?)見終わったった★

夕方に雨が止んだため、街中に出てネットしにきた。
街も、洪水のため通れへん道があり、ちょっと大変。
日本は、やっぱり下水が整備されてるんやなぁと、日本の快適さを実感。
画像


なんて、そんなのはどうでもよくて、
今週から、3年生1組の数学の授業を持つことになった。

ドキドキの緊張感と共に、教室に入り、初授業。
まぁ外国の先生が珍しいのか、生徒の食いつきは良いものの、
やっぱり、、、障害は多くある。

まずは、何をおいても、まだまだラオス語が不十分。
日常生活は何とかできるものの、
数学の授業となると、
やっぱり知らん単語も多いし、

こうやって、一応指導案を作って準備するものの、
画像


使い慣れてない割り算とか分数の式を読むんも、
やっぱりラオの先生より時間はかかるし、
ふとした数学単語(移項とか、共通因数とか)がわからんときは、
回りくどい説明になるし、
何よりも、子供たちの発問がわからへん。

大人と違って、ゆっくり話してあげよう、簡単な言葉で、
とかいう気遣い?が無いから、
わーー と話され、聞きなおしても わーー っと話され。。
結局、ラオスの先生に補助に入ってもらわへんと あかんようになった。

大きな壁 やわー。 これ。

けど、今の時間割は暫定版で、もうすぐまた新しいのを作るとのことで、
やっぱり、この効率の悪い授業を続けることは、
嫌やなぁと思ったから、俺が主体とした授業でなく、
ラオスの先生を主体とした授業で、俺が補佐に入る形式に変えてもらおうと相談した。


ぶっちゃけ、

逃げたんかな。


と思った。
挫折。カクン・・・。


一応、理由として、ちゃんと教頭に話したものはある。

日本の教育の仕方とか、考え方を伝えるのであれば、

外国人が入ってワーワーするよりも、
俺が指導案をつくって、ラオスの先生に教え、
それを使ってラオスの先生が授業をすることで、
その先生自身にも、今までとは違う教え方を経験する機会にもなるし、
何より、生徒をしっかりコントロールできると思う。


おれが 入ると、やっぱり ワーっとなるし、
「授業は静かに受けるもの」っていう前提が無い子供達にとっては、
ガーっと怒っても逆効果やし、
興味をひきつけようとしても、ラオス語が伝わらんし、

もうどうしていいのやら・・・。 という感じやった。

だから、しっかり話を聞いて理解してくれる先生がいるなら、
その人に、すべてを伝えるつもりで、やればいいんじゃないかなと思った。

けど、3年生1組は任されたクラスやから 成績管理とか、アフターフォローは俺が確りする。

今は、100マス計算を授業前にやって、合計点ランキングにしてるんやけど、
生徒は結構燃えてくれてる。

けど、

結局できないラオス語から逃げてるだけなんかなぁ。

と思うときがある。

けど、このまま授業し続けても、

俺が話して、 ラオスの先生がちゃんとしたラオス語に直して、 生徒が理解。
生徒の質問も、 補佐に入ってくれる先生を通して、俺に、
そして解答も先生を通して生徒に。

そうゆう周りくどいこと、する意味が無い気もする。

だから、無理矢理続けるのも、意地になってるだけの気がする。


なんか会社辞めるときに言ってたこと思い出した。


何が逃げか ってのは、視点の違いだけなんや。

ってこと。

ラオス語ができへんから授業やめるってのも逃げやけど、
ずっと無理に続けていくってのも意固地になってるだけの逃げ なんじゃ。


と考えてても結論なんか出やへんねけどな。

あとは教頭の決定に従うしかないかな。

けど、

ちょっと俺に過度に期待しすぎてる気がする。


そして、自分も自分の力を過信してた気がする。


鋼の錬金術師が言ってたけど、


世界の流れを変えるなんて、大それたことはできない。
それでも、
俺達にできるのは、目の前で困ってる人を助けることなんだ。

って。

2年という短い時間しかない中で、
自分にできること、
過信でなくて、確信を持ってできることを、精一杯したい。
ほんまに、ここにきて、
自分の力が、どんだけちっぽけかってのを痛感することが多い。

だから、
今回の教頭への直訴は、
学校側には、せっかく期待してくれてたことへの裏切りにはなるけど、
それでよかったんやって、自分を納得させてる。

とはいっても、
実際に教壇に立って教えたいから、
数学の特別クラスは、やりたいと思ってるけど。
日本語クラブみたいに、放課後に補習の形で、
生徒に教える。

それが実現できればいいなぁ。


だから、
これが逃げだとしても、
それを次に活かしてみせる。
自分の力の限界をしった上で、
できること、ガンガンやってみせたる!
ちゃーーー!

画像

テコンドーを教えに来たKOICAと共に。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
昨夜タイでも雷と雨がすさまじかったです。台風だったんですね。ゆうたさんが奮闘している様子が分かってやる気もらいました。僕は今タイの稲作農家におけるコメの収量を上げるためにはどうすればよいのだろう…というテーマに取り組んでいるんですが,知識がやはり不十分であるために話を聞かせてもらう農家さんに迷惑をかけてしまっています。帰ったら一層猛勉強しようと思っています。お互い東南アジアのために頑張りましょう!ありがとうございました。
こぶ
2010/08/28 22:33
これも、難しい話だな・・・。
私は、結構逃げてきたって言うか、最初からあきらめることが多くて・・・・・。
言っても無駄かなって思ったり・・・・・。

だけど、そういう自分とは決別することを中間報告で誓ったので、今は挑む時期になりました。
でも、挑んで見たら、結構受け入れてくれるんだよね。
だから、きっと、1人で考えて決めるんじゃなくて、そうやって職場の人に相談してやっていったら、きっと、いい形が見つかると思うよ。
立ち止まっても、迷ってもいいから、前に進めるといいなって思うよ。
頑張ろうね。
サナギ
2010/08/28 23:12
最後の写真、ゆーたさん酔ってますか?笑”
はがれん結構イイこと言いますね!!
そして「視点の違い」って発想はなかった!!
うーん。うーん。難しいですね。
貫くことが大事なんかなぁ?
悩んで悩んでってその過程が大事なんですかね?
とにもかくにも2年間!!
頑張ってください
taku
2010/08/29 00:20
ご無沙汰してます。
ゆうたさんの日記見たらいっつも自分もがんばらなあかあんなーって思います☆
僕も自分が逃げてるんかなって思うことも多々ありますが、最終的に自分が納得できるんが一番大切ですよね。
あぁー、バックパックしてた時期が懐かしい
あきら
2010/08/29 10:41
人の可能性って、特に子供の可能性って無限大だから
それをどう引き出すかって正解がなくて悩みどころですよね。
ゆうたさんがいる場所で、そこにかかわる人たちにとってのベストに出会えるといいですねー!
応援してます♫
しおり
2010/08/29 12:26
目の前にいる人を助けることがとりあえずは大事かもね。それの積み重ねでしか大きいことはできんかなってうちは思う。そしてとりあえず16日にタイに飛びます。ラオスにいけるかはちょっと考えます!
まりこ
2010/08/30 13:36
>こぶ
教育現場に携わってるモノからすると、米の収穫量とか、農業系のこととか、政府系の仕事に関わってる人って、スゴイと思うわ。大人相手に、理論立てて伝えるってことが必要やもんな。次回は是非ラオスまで足伸ばしてやー♪待ってるわ!
>サナギさん
そですよね。
逃げてても何も始まらないですもんね。
挑むのみ。ってのはわかってるんですが、
やっぱり自分のラオス語に臆して挑み方を逸してる気がします。けど、それでも前に進むために挑み続けんといけんですね。報告書もかかなあかんし・・・。
>たく
酔ってへんわ!まぁよく、カオが赤くなるんは周知の事実。
恥ずかしがり屋やからなw
貫くことが大事。その通り。
そのためにブレナイ軸を確立しやなあかんねなぁ。
>あきら
ご無沙汰★バックパックは、1週間あればどこなとできるやろから、社会に出てもがんばり続けーや!納得できる人生、自分にとって何かを考えやなあかんわな。
遊びながら仕事できる。うーん、理想。
>しおり
そう、子供の純粋さは、どっこも同じ。
むしろラオスの方がやっぱりわかりやすい。
この出逢いを大切にしやんかったら、逢人の名が廃るわな!
がんばるわ!!
>まりこ
ラオス来るなら、考えてやー。
首都ぐらいなら上がってもいいかもなって最近思ったり。だって1ヶ月、しっかり仕事してるもん。
まずは大きい視野だけでなく、足元から。
がんばるっす。
勇太
2010/09/01 21:09
ちゃーーーーーーーー!
住んでいる世界は違っても同じようなことで悩んだり、苦しんだりしているんだな〜
♪一人じゃない♪そっふぇ。

無敵スライム、目の前の困っている人、悩んでいる人のためにやっていこうじゃないですか!
yasuha
2010/09/01 23:32
勇太、久しぶり!!
ラオスにはだいぶ慣れたみたいやね♪
元気そうでよかった◎

言葉の壁はやっぱり大きいか?
でも、勇太なら言葉の壁も越えられるはず^^
生徒のために悩んで出した答えは、それが、その時、逃げやったとしても、次につながるはず!!
いったん逃げてる間にそれを克服すればいいのだからと俺は、思います。

ってえらそうなこといいました笑

俺は、勇太を日本から応援してます☆









とんちゃん
2010/09/02 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらば、過信。 逢人青春記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる