逢人青春記

アクセスカウンタ

zoom RSS 魅せたい

<<   作成日時 : 2010/06/03 20:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


最近、夢に見ること。

それは、塾時代の夢。教壇に立ってる夢。

何の疑いも無く、
すんなりと馴染んでる夢の中の自分。

やっぱり、教師っておもしろい仕事なんやて。

そう思う。


最近、こちらラオスでも我がクラスができましたw

●日本語クラブ●

ひっそりと始めたんやけど、
なんか、うわさが流れてるらしく、
遠くの村からスッと授業受けに来る子もできました。

ただ、
もう1ヶ月ぐらいしてるんやけど、
もともといた生徒は、
さすがにひらがなぐらいわかるようになってる。
だから
途中から新しい子がひょこひょこ入られると少しやりにくい。。。

けど、そこは せっかく言葉に興味を持ってくれてる感謝を込めて 丁寧に、
してるつもり。

そんな我がクラス。
だいたい これがいつものメンバーかなと。

画像


今日はここに 新しく2人が加わりましたー。

前回、
「友達以上恋人未満」を学習したこともあり、
そんな授業を真剣に写す男前の生徒。

画像



しかーーし。
もともとは日本語とか教えたくなかった。

そんなん、知ったってしゃあないやん
と正直思ってた。

だって、英語もろくにしゃべれへんし。

日本語するぐらいなら 英語か数学の勉強したらいいのに、
と思ってた。

けど、先生達が やれよ! いつやるんだ? 早く! とうるさいから
(そのくせ一番先に飽きて、もう授業に来てない)
仕方なく
ひっそり始めた。

けど 教えてみて 思う。


画像



楽しいんよ、 やっぱり。

てか、うれしいいんよ。

自分の言葉に興味を持って、 学びたいって思ってくれることが。

こんにちは って拙く話しかけてくれたり、

しぇんしぇい、 ありがと と舌足らず的なお礼を言ってくれたり、

そんな彼らが、とてもカワイイですw


この中の2人が、
8月から日本の香川県に働きに行きます。
うどん食べるついでに 彼らと遊んであげる! って方はご連絡ください。


さてさて、
本活動の数学の話を少しします。

この1週間。前に言ってた南原さん似の先生つながりで、うんとTTC・教育大学とのつながりが強くなり、卒業生の卒論発表につき合わせてもらってた。

一応、数学を中心とした活動になってるから、
数学の生徒発表を見てたんやけど、
論文のテーマはいろいろ。

「方程式について」「関数について」「数列について」「三角関数について」等など

高校時代の知識をフル活用させながら、
発表を聞いてた。
というのも、聞いてるからには 発表の最後にある「教師からの質問タイム」で
質問しやんといけんのです。

最初は張り切って、いろいろと見栄張って三角関数の公式の証明とか、
空間図形の長さ求める公式の証明とか質問してたけど、
無意味だと気づいてきた。

生徒の論文、すんごい専門的ではっきり言ってわからんこと書いてあるけど、
発表自体は、ものすごい単純なことしか言わへん。

きっと形だけ論文仕上げるために 専門書丸写ししてるんやろなぁってことがバレバレ。

だから、なんで三角形の面積求めるときに÷2するんか とかそうゆう基本的なことを
攻めていくようにした。

最終的に、ある学生にいたっては、
( 8 - 1.3 )ができないことが判明。

何度やり直しても、
7.3としてしまうんです。
自信満々に。

ここ卒業したら、数学の先生になるんやろお前、と。

思いながらも、
前に、もうラオスの教育に愚痴言わへんって心に決めてても、
それでも、しょうがないなぁ的な感じで
卒業させるんやもん。
それが、甘いんやん。絶対。

自分の書いた論文やったら責任持てよー。と 心の中で叫び続ける1週間でした。

まだまだ、
ラオスの考えに馴染めない、僕です。


ほんまに、

どの水準に合わせるべきなのか、 よくわからへん。

日本の当たり前を持ってくるのは よくないのはわかってる。
けど、

間違いをそのまま教えてるのを見過ごすわけにもいかへん。

だけど、

指摘すると「お前は日本のいい教育受けてきたからや」と嫌味言われる。

今日も言われたけど。

「いや、これが水準、というか数学はこれが正しいんやって」

と反論しても、正そうとはしやへんし。


まぁ、 前も言ったけど、

すべてはまず、自分の授業で見せてから。

9月から始まる新学期、新授業。

本授業も、日本語クラブと同様、魅せる授業を目指します。 うっす。

ラオス語、数学の語彙、まだまだ勉強しやな・・・。


最後に、お知らせ。

夢追人。

このblog最後まで読んで、 なんかしたい! と思った人。
とりあえず このリンク先にとんで。

僕は多くは語りません。
これは夢追人の思いやから。

これを見て、どう感じるかは、
読んだ人次第。

協力してくれる人がいるなら、
とりあえず僕にもメッセージください。

http://sc70069.web.fc2.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、好きなんだね。頑張ってね。
私もアメリカに来て、改まって日本文化の紹介みたいなことはやらないけれど、君の国ではどうなの?と聞かれることも色々あるし、小切手の漢字のサインがCool!と言われることもあり、折角なら日本語や日本というものを正しく伝えたいなあと思う今日この頃です。
数学については私は何とも言えないけれど、やはり数学の塾講をしていたうちのだんなさんによると、美しいものらしいです。
マナ
2010/06/04 09:53
数学、改めて考えるとめっちゃおもしろいんです。これが。なんで理系を選ばんかったんやろうなぁ、、、と感じるほど。
前も先輩と話をしていたのですが、日本人にしか無い感覚というのが、絶対にあると思います。侘びさび、とか。どう説明すべきか・・。まだまだ日本を伝える力が足りないと実感しています。
勇太
2010/06/04 16:23
めっちゃ南ちゃんに似てるよねーこの前のブログやけど。
勉学をドライにしてる日本人からすると途上国のウェッティーな勉学、特に数学なんかはホンマ考えられへんよなー。ドライなのが数やのに。論理的思考の欠如。
俺は職種青少年活動やけど、半分教育の現場とか世界に足を踏み込まないと活動できないこともあって、教育の質の低さとか変な習慣に失望することはよくある。
もちろんすることは全部するけど、今回この青年海外協力隊という立場で来た以上、そこに力を注ぎ込むべきじゃないのかなーって思うところが見えてきてる。
とことん1人で戦う必要もあるやろうけど、身を引くことで見える世界もある。
でも今度はそれが見えたら混乱すんねんけどね
世界は一体どうなっていくんやろうって。

でも俺らは世界を夢で溢れさせれるようにする。
まだ会うたことないけど、そういう同志やと思ってんでー。
夢追いかけようや!
isao
2010/06/04 22:16
イサオ

うん、できることは全部したい。
できれば、求められていることをしたい。
けど、こっちの人の考える「求めること」ってやっぱりちょっとずれてると思ってしまう。
いや、そこじゃないやろ、大事なのは。って。

だから、そうゆう意見をしてしまう。

そして、ちょっとふてくされるラオス人。。。

けど、活動してみて、
自分の力がどれだけ小さいものかもわかった気がする。俺のとこは初代JOCVやけど、先輩のとこは何代も続いてるらしく、そして報告書の記載内容が変わらないとのこと。つまり、結局改善されてないんよなぁ。
けど あきらめたらあかんもんな。
とことん もがいてみるしかないよな。
一人でも笑顔にできるなら。
同志が遠い地で同じようにがんばってるねんからな★
勇太
2010/06/06 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
魅せたい 逢人青春記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる